綺麗に皮膚を洗おう


洗顔アトピーの症状が出ている時には、肌が乾燥して水分を適切に保てない状態になっています。そのようなことから肌のバリア機能が低下して刺激に弱い状態になっています。

アトピー肌を抑えるためには皮膚を綺麗に保つことが大切です。綺麗に保つためには清潔な状態の皮膚を保ちましょう。皮膚についているホコリや汗や細菌を洗い流して清潔に保つことが大事になります。せっけんを使う時にも刺激が強いものだと肌によくないので、なるべく低刺激タイプのものを使うようにしましょう。強く肌をこすると肌のバリア機能が落ちてしまうことからよく泡立ててから洗うことが大事になります。

洗った後もせっけんが残らないように十分にすすぎましょう。そしてタオルで抑えて軽く拭くことがポイントです。洗ったあとは肌から水分が蒸発してしまうことから保湿剤を塗って乾燥を防ぎましょう。

肌を綺麗に保つことを意識することも大事ですが、肌を清潔に保つことばかりを考えて1日に何度も洗ってしまうと、逆に肌のバリア機能が失われてしまいます。

自分で適切な保湿やスキンケアをしても、症状が改善しない場合には早めに皮膚科に行き、医師に見てもらうことをお勧めします。そして医師から自分の肌にあったものを処方してもらうようにしましょう。