保湿をすることが大事


アトピーの人は保湿剤を利用してしまうと、保湿剤に依存してしまうことから自分の判断のみで脱保湿することは避けましょう。絶対にアトピー肌の人は保湿をしなければいけません。脱保湿を避ける理由の説明します。

本来の保湿機能を持っている健康な皮膚を手に入れるためには、皮膚が自分の力保湿機能を向上させることが望ましいと言われていますが、今の皮膚科の治療で自分の力のみで肌を綺麗にすることは難しいと言われているのです。

保湿剤また保湿剤をつけないことにより、大きなリスクがあります。それは細菌感染に合併してしまうリスクがあるからです。保湿剤を使わないことによって強いかゆみを受けて皮膚を掻き壊し続けた結果、皮膚に出来た傷から細菌が入ってしまいます。このような事態を防ぐためには皮膚を綺麗な状態に保たなければいけません。皮膚をしっかりと洗い、日々の中で保湿をすることが大切になります。

このようなことから、アトピーになっているときに脱保湿といって保湿剤を自分の判断のみでやめてしまうことは避けましょう。もしも治療を進めていく中で、不安なことやわからないことがあったら最寄りの皮膚科に行って肌を見てもらうことが大切なポイントになります。

関連情報・・・https://www.hadajuntou.com/
└アトピー向け保湿スキンケア商品「みんなの肌潤糖」です。